コンテンツにスキップ

MediaHarbor 導入手順書

MediaHarbor Logo

📄 システムの概要

MediaHarbor は、クラウドおよびオンプレミス環境において、トラフィック・シム社が提供するインストーラーを使用することで「お客様が希望する環境」で簡単に構築できるマルチビューサービスです。MediaHarbor からアクセスできる LicenceManager で必要なポイントを購入(請求書およびクレジットカード対応)することで、すぐに利用を開始することができます。

IP ストリームだけでなく、トラフィック・シム社製ユニットを使用することで、ISDB-T、ISDB-S、QAM や SDI の入力にも対応しており、B-CAS、C-CAS、TRMP、ACAS のデスクランブルも可能です。従来の大型 TV にデコーダーを通して表示する方法以外にも、クライアント PC、タブレット、スマートフォンで HLS や WebRTC を利用して視聴できるため、自宅や放送区域外、出張中でもマルチビュー画面を確認することができます。また、任意のストリームを選択して音声を聞き分けたり、拡大表示も可能なマルチビューサービスです。

マルチビュー機能以外にも、トラフィック・シム社の強みである Transport Stream(TS)レイヤーの監視や、画音(ブラックアウト、フリーズ、無音)監視など、様々な機能のライセンスを順次リリースしていきます。ユーザーは必要なライセンスを購入することで、すぐにその機能を MediaHarbor に統合して利用することができます。また、他機器と連携してアラームをオーバーレイさせる機能についても検討しており、MediaHarbor で一元的にモニタリング環境を構築することが可能です。

※デスクランブルにはトラフィック・シム社製ユニットの利用が必要です。 ※各種監視機能は順次リリース予定です。

📄 対応コーデック

🎞 Video

  • MPEG-2
  • H.264/AVC
  • H.265/HEVC
  • AV1(*)
  • JPEG XS

*AWS MediaLive 経由で対応可能

🎵 Audio

  • AAC
  • Opus(*)
  • AC-3 (Dolby Digital)(*)
  • E-AC-3 (Dolby Digital Plus)(*)

*AWS MediaLive 経由で対応可能

🔗 対応プロトコル

  • RTP
  • RTP-FEC
  • SRT Caller
  • SRT Listener
  • zixi Pull(*1)
  • zixi Push(*1)
  • RIST (*1)
  • HLS (*2)
  • NDI
  • ST 2110
  • RTMP Pull
  • RTMP Push

*1 AWS MediaConnect 経由で対応可能
*2 CM 等で途中でストリームが挿し変わる場合は、再生が途切れる可能性があります。

🔎 監視・解析機能

別途対応するポイントを購入する事で監視・解析オプション機能をご利用いただけます。

  • 画音監視 - フリーズ監視
  • 画音監視 - ブラックアウト監視
  • 画音監視 - 無音監視
  • SCTE35 解析
  • TS 監視 - ETR290 Priority 1(*1)
  • TS 監視 - ETR290 Priority 2(*1)

*1 HACOBE-CLOUD 経由で対応可能

💻 動作環境

🖥 ハードウェア要件

  • CPU: 第 11 世代 Intel Core i5(64 ビット) 2.40GHz 4 コア / 8 スレッド 以上
    ※ AWS Graviton 3 ARM プロセッサにも対応
  • メモリ: 16GB 以上
  • ディスクスペース: 20GB 以上の空き容量
  • グラフィックスカード:なし

Note

H.264/AACの入力ソースを25本程度入力した場合の参考スペックです。
入力ソース数やコーデックなどの条件によっては、より高いスペックが必要になる場合があります。

📦 ソフトウェア要件

サーバー

OS: Linux (AlmaLinux / Rocky Linux / Ubuntu Server / Amazon Linux)

Warning

Windows Subsystem for Linux では動作しません

Docker, docker-compose がインストールされていること

Note

インストールされていない場合、インストーラー実行時にインストールされます

クライアント

OS: Windows, Mac, iOS, Android
ブラウザ: Google Chrome, Mobile Safari

🌐 ネットワーク要件

  • ライセンス認証用にインターネットに接続できること
  • 下記ポートが解放されていること
ポート番号 プロトコル 用途
80 TCP MediaHarbor Web UI
10102 UDP SRT 出力
49152-65535 UDP WebRTC
42000-42100 UDP SRT または RTP の信号入力

📝 導入手順

🔑 API キーの取得

ライセンス管理システムにログイン

https://license.trafficsim.co.jp/

Note

ライセンス管理システムへのログインには CastHive アカウントが必要です。
アカウントをお持ちでない場合は、CastHive組織登録よりご登録ください。
また、すでにCastHiveアカウントをお持ちで、LicenceManagerを追加したい場合は、問い合わせフォームもしくはメールにてお申し付けください。
受付は平日弊社営業時間(9:00~18:00)です。申込内容を確認しアカウントの発行、アプリケーションの追加をいたします。
発行・追加までにお時間を頂く場合がございます。

MediaHarbor 管理画面を開く

MediaHarbor に割り当てボタンをクリックします。

license1

新しい MediaHarbor API キーを作成

新しい MediaHarbor を作成ボタンをクリックします。

Tip

この操作は管理者ユーザーのみが行うことができます。

license2

利用規約の確認を行い、同意する場合は同意するにチェックを入れて新規作成する MediaHarbor の名前を入力し、作成するボタンをクリックします。

license3

新規 MediaHarbor の API キーが作成されるのでコピーしておいてください。

Note

API キーは後からでも確認することができます。
インストーラーを実行する際に必要になります。

license4

💿 インストール

以下の手順は、インストール先の Linux サーバーで実行してください。

インストーラーシェルスクリプトをダウンロード

以下のコマンドを実行してください。

1
sudo curl -OL https://mediaharbor.trafficsim.co.jp/installer.sh

ダウンロードしたシェルスクリプトの実行権限を付与

以下のコマンドを実行してください。

1
sudo chmod +x installer.sh

インストーラーを実行

以下のコマンドを実行してください。

1
sudo -E ./installer.sh

install1

ウィザードに従ってインストールを進めると、API キーの入力画面が表示されます。 前の手順で取得した API キーを入力して進めてください。

install2

残りもウィザードに従ってインストールを進めてください。

🔧 トラブルシューティング

問題が発生した場合、以下の手順を試してみてください:

Error response from daemon: toomanyrequests: Rate exceeded が表示される

  • Docker イメージの取得が混雑しています。しばらく待ってから再度インストーラーシェルスクリプトを実行してください。

Proxy 経由でのインターネット接続でコンテナイメージが取得できない

  1. Docker デーモンの設定
    Docker デーモンにプロキシ設定を追加する必要があります。
    /etc/systemd/system/docker.service.d/ ディレクトリに http-proxy.conf ファイルを作成します。
1
2
sudo mkdir -p /etc/systemd/system/docker.service.d/
sudo nano /etc/systemd/system/docker.service.d/http-proxy.conf

ファイルに以下のような内容を追加します。

1
2
3
4
[Service]
Environment="HTTP_PROXY=http://your-proxy-server:3128"
Environment="HTTPS_PROXY=http://your-proxy-server:3128"
Environment="NO_PROXY=localhost,127.0.0.1"

your-proxy-server は、利用するプロキシサーバーのホスト名や IP アドレスに置き換えてください。

  1. Docker デーモンのリロード
    上記の変更を反映させるために、Docker デーモンをリロードします。
1
2
sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl restart docker

その他のエラーが表示されてインストールできない

  • ストレージの空き容量が不足している可能性があります。ストレージの空き容量を確認してください。
  • インストーラーシェルスクリプトの実行中にエラーメッセージが表示された場合、そのエラーメッセージを記録してサポートに連絡してください。

インストールは完了したがアクセスできない

  • Docker が正常に動作しているか確認します。以下のコマンドを実行して、Docker が正常に動作していることを確認します。
1
sudo docker ps

正常に動作している場合、実行中のコンテナの一覧が表示されます。 何も表示されない、またはエラーメッセージが表示される場合は、Docker の設定やインストールを再確認してください。

1
2
3
4
5
6
7
CONTAINER ID   IMAGE                                      COMMAND                  CREATED          STATUS         PORTS                                                  NAMES
ea5b30e0d8f7   public.ecr.aws/mediaharbor/stream:latest   "/usr/local/bin/janu…"   45 seconds ago   Up 10 seconds                                                          stream
30b909ec82b7   public.ecr.aws/mediaharbor/mhb:latest      "/bin/bash /mnt/run.…"   45 seconds ago   Up 10 seconds                                                          mhb
e4cead5b7988   public.ecr.aws/mediaharbor/ui:latest       "/nodejs/bin/node se…"   45 seconds ago   Up 10 seconds   0.0.0.0:3000->3000/tcp, :::3000->3000/tcp              ui
9c79d6582467   public.ecr.aws/mediaharbor/api:latest      "docker-entrypoint.s…"   45 seconds ago   Up 11 seconds   0.0.0.0:8080->8080/tcp, :::8080->8080/tcp              api
714364d2acaf   public.ecr.aws/mediaharbor/proxy:latest    "/docker-entrypoint.…"   45 seconds ago   Up 42 seconds                                                          proxy
590ca661bf7b   mariadb:11                                 "docker-entrypoint.s…"   45 seconds ago   Up 43 seconds   0.0.0.0:3306->3306/tcp, :::3306->3306/tcp, 33060/tcp   db
  • クラウドサービスにインストールしている場合は、セキュリティグループの設定を確認してください。
  • ネットワーク要件に記載のポートが解放されていることをご確認ください。

通常の遅延では再生できるが、低遅延では再生できない。

  • NAT 越え環境でインストール後にグローバル IP アドレスが変わった場合、WebRTC の接続ができなくなります。
    再度 installer.sh を実行する事で現在のグローバル IP アドレスで設定が更新されます。

高ビットレートのストリームを入力すると再生できない。

  • 入力ソース設定の詳細設定を開き、プローブサイズの設定を大きく設定してください。

映像の上に API KEY MISSING or WRONG API CONFIG と表示される

APIKEYMISSING

  • インストール時に入力した API キーが間違っている可能性があります。
    再度 installer.sh を実行して API キーを入れなおしてください。

映像の上に NO LICENSE or LICENSE EXPIRED と表示される

NOLICENSE

  • MediaHarbor サーバーがライセンス管理システムと通信できていない可能性があります。
    インターネットに接続できているかを確認してください。
  • ポイントが不足している可能性があります。
    ライセンス管理システムにログインし、ポイントが残っているかを確認してください。

🧑‍🔧 サポート情報

問題が解決しない場合、またはサポートが必要な場合は、以下の連絡先にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

本番導入に向けての実証実験を行う場合、トライアルポイントの申請が可能です。

トライアルポイント申請フォーム